ホーム > タグ > 米、米袋、萌え、萌え米、妹萌え

米、米袋、萌え、萌え米、妹萌え

萌えについて。

ちょっと箸休めな投稿です。

萌え○○という言葉が、アニメ好きや秋葉原文化を中心に隠語・俗語として広まり数年。その根源は1980年代後半~1990年代初頭に誕生したと言われている。例えば、萌えキャラ、萌えボイス、萌え動画などなど。これらに共通するのは、特にアニメや漫画のキャラクターが登場するものである。また、そのキャラクターの属性を好む人々は○○萌えなどという。たとえば、妹萌え(=妹キャラの人)。

この萌えブーム、いや萌え文化の経済効果は大きく、商品名を萌え○○とするだけで、販売促進の効果があるといわれるほどだ。高級○○という名前を付ければ売れるのに似ていて、萌え○○や○○萌えとするだけで、購入者は意識を引かれるのである。さらに、萌えと全く関係のないところで、萌えを冠することでネットユーザの間では口コミ的に広がる。

この萌えと農力村で扱うコメと、何の関係があるか?そう思われるに違いないが、上パラグラフの最後の記述がその謎を解く。

それこそ、萌え米だ。まずはこのリンクを見てください。萌○○の認知度を調査した結果の記事である。

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20382617,00.htm

そして、あきたこまちの袋に燃えキャラを描いた萌え米を販売する萌え米.comさん

http://moemai.com/

さっらに!JAうごの米袋がなんとも萌えキャラというわけです。

http://www.ja-ugo.jp/

こちらは西又葵デザイン。

聞くところによると、注文が殺到し、GIGAZINE編集局もレポートを書いている(http://gigazine.net/index.php?/trackback/8861/XFI5CkmJ/)。

JAうごの米袋。

農力村もこの販売方法は見習いたいと思います!

追記:この話を色々な方にしたところ、この米袋が届いたら嫁になんて言われるか・・・という意見を多数いただきました。

農力村では萌えよりも「安心・安全」を売りにして販売していきたいと思います。。

農力村でも、安心できる萌えキャラがテーマの米袋は募集します!

では。

Home > Tags > 米、米袋、萌え、萌え米、妹萌え

Search
Links
Feeds
Meta

Return to page top